普通の育毛剤じゃ意味がない!?男性に多いハゲ「AGA」の原因と対策

育毛剤を使用することを検討しているそこのあなた。そもそも自分がなぜ薄毛になってしまったのか、考えてみたことはありますか?

男性の薄毛の原因として最も多いのは、男性ホルモンに起因するAGAです。このAGAによってハゲてしまった人が医薬部外品の育毛剤を使っても、ほとんど意味がないと言ってよいでしょう。

「本気で薄毛を治したい」
「薄毛のメカニズムを知りたい」

そのような方も多いと思います。そこで当記事では多くの男性を悩ませるAGAについてお話ししたいと思います。

男性ホルモンが原因?AGAとは

AGAの原因
男性ホルモンは体内で脱毛物質ジヒドロテストステロンに変換されます。この脱毛物質の受容体の多い、生え際、頭頂部の毛がどんどん薄くなっていき、最終的にはつるつるになってしまうのがAGAです。

ストレスや遺伝とは関係なく、男性ホルモンが脱毛物質に変換されること、これによって薄毛が進行していきます。

ヘアサイクルが乱れます

AGAは、厳密には、生え際や頭頂部の毛がすべて抜け落ちるわけではありません。生えてから抜けるまでの期間が極端に短くなっているだけなのです。

人間の毛には「ヘアサイクル」というものがあります。髪が生え、伸び、成長が止まり、抜け落ちて、また新たな髪の毛が生えてくる循環のことを「ヘアサイクル」というのです。

AGAの人は、髪が成長していく期間=本来数年あるはずの「成長期」が極端に短くなっています。せっかく生えてきた毛が、十分に成長する前に抜け落ちてしまうわけですね。

これを治すには、体内の男性ホルモンをどうにかしないといけません。したがって、頭皮に栄養を与える医薬部外品の育毛剤を使っても、もしかすると頭皮環境は良くなるかもしれませんが、根本的な解決にはならないのです。

ヘアサイクルを正せば毛は生える

逆にいえば、AGAはその乱れたヘアサイクルさえもとに戻せば、髪の毛が生えてくるということです。そのためには、ヘアサイクルを乱れさせる脱毛物質を減らし、これ以上増えないようにしないといけません。

ひどく難しいことのように思われますが、薬を飲めば簡単にいきます。プロペシアというAGAの特効薬があって、それを飲めば、ほとんどの人は、薄毛を治療することができるんですね。

プロペシアは男性ホルモンが脱毛物質に変換されるのを防いでくれるので、服用から数ヶ月すると、ヘアサイクルはほとんど正常に近い状態になります。そして薬を飲み続けているかぎり、少なくともAGAによってハゲることはないのです。

自分はAGAかもしれないと思ったら、育毛剤などではなく、プロペシアなどの薄毛治療薬を試したほうがよいでしょう。

プロペシアを凌ぐとも言われている育毛剤紹介!【チャップアップの効果がすごい