薄毛対策!育毛剤の効果を最大限に引き出すベストな使用方法とは

育毛剤はハゲの予防、改善に良いですが、使い方によっては効果が減じてしまう恐れがあります。育毛剤は安いものではないですから、できれば効果を最大限引き出したいですよね。

「育毛剤の効果的な使い方を知りたい」
「どのタイミングでつけるべきか分からない」

そのような方も多いのではないかと思います。そこで当記事では、育毛剤の効果を最大限に引き出す使用方法をご紹介いたします。

育毛剤のベストな使い方とは?

育毛剤の使用方法
医薬部外品の育毛剤の多くは、朝と夜の2回、育毛剤をつけることを推奨しているのではないかと思います。そうするとまずは朝に1回つけることになりますが、これは起きてすぐで結構です。

朝にシャンプーをする習慣のある人は、頭を洗って髪を乾かしてからつけましょう。

夜はお風呂上がりに

夜はお風呂上がりに育毛剤をつけてください。それも髪をちゃんと乾かしてからです。髪を濡らしたままにしておくと、そこで雑菌が繁殖し、薄毛の原因となってしまいます。

また、水で育毛剤が希釈され、効果が弱まってしまうというデメリットもあります。髪をすこし「しっとりしている」というくらいに乾かしてから、育毛剤をつけてください。

間違っても髪の濡れたままつけたり、お風呂に入る前につけたりしないようにしましょう。

つけたあとにはマッサージを!

育毛剤をつけたあとには、頭皮を軽くマッサージしましょう。育毛剤を馴染ませることができますし、頭皮の血行を良くすれば、栄養が行き渡るため、薄毛の予防や改善にもなります。指の腹で、優しく頭皮をもみほぐしてあげてください。

頭皮をすこし動かすようにするのがいいのですが、皮膚が硬い人もいます。無理はせず、とにかく優しく揉んであげるのがポイントです。

最低でも3ヶ月程度は使いましょう

どんな育毛剤もそうですが、少なくとも3ヶ月以上は利用しないと、効果を実感できない可能性が高いです。医薬部外品の育毛剤には、髪を生やしたりする効果はありませんが、頭皮環境が改善されることによって、髪に元気が出てきたといった効果が実感できることもあります。そのような効果を得られるのは、数ヶ月使ってからです。

数週間から1ヶ月程度しか使わないのではもったいないですし、意味がありません。最低でも3ヶ月は使ってみたほうが良いでしょう。

まとめ

以上、育毛剤の使用方法についてご紹介いたしました。薄毛との闘いはどうしても長期戦になります。

絶対治すんだと覚悟を決めて、根気強くやっていきましょう。そうすれば必ず良くなってくるはずです。