仮想通貨をざっくりとご紹介します

仮想通貨 初心者
仮想通貨とは、法定通貨とは違って、管理しているのは国ではありません。代表的な仮想通貨のビットコインを初めとして非中央集権であることが特徴です。

非中央集権なので、ある一部が富を独占することを避けることができます。多くの仮想通貨はブロックチェーンにより、どのような取引が行われているのかネット環境がある世界中の人が確認できます。

ブロックチェーンが非中央集権の象徴で、取引が行われた証明をブロックに刻みチェーンで繋ぎます。このことをトランザクションといいます。

仮想通貨には現在約2000種類以上あり、さらに増加傾向です。ビットコインは非中央集権とされていますが、実際にはごく一部のクジラと言われている人々が8割近くを保有しています。

クジラが一気にビットコインを売り出してしまうと、ビットコインの価格が大幅に下落してしまう為、大きな問題となっています。非中央集権にフォーカスしたビットコインキャッシュ こそが、本来のビットコインの機能を有している仮装通貨ともいえます。

ビットコインキャッシュ は、2017年8月にビットコインから分かれた仮想通貨で、コインの採掘者への対価の報酬が多いので、マイナーから支持されています。

クジラが保有していることもないので、非中央集権でもあります。またリップルは、決済手段としてのビットコインの機能に特化した仮想通貨です。

現在のビットコインはブロックチェーンの欠点でもある処理速度が遅くなる問題に直面していて、決済に数時間かかるなど実用性に疑問があります。

ビットコインの価格が大幅んい上昇していることで、手数料も大きくなっています。これらに対応しているのがリップルで、処理速度の速さと手数料の安さ、銀行や決済ネットワークとの提携が特徴です。

仮想通貨を購入できる取引所は、国内と海外のものがあり、仮想通貨のトレードに慣れていないうちは先ずは国内の取引所から始めて、ほとんどがビットコインか外貨で購入する海外の取引所に移行するのがセオリーといえます。

海外の取引所は手数料が安く扱っている仮想通貨の種類が豊富なので、まだ価格が高騰する前から仕込むことができます。